« September 2007 | Main | November 2007 »

October 30, 2007

夕飯を食べ過ぎた!

味噌を応援していない味噌人なので
(でも自宅はもちろん味噌新聞)
録画をしておいた「涙そうそう」を見てました。
この頃のながさわまさみはカワエエのー。
あれ?ラスト15分どうしたよ!!
にいにい脈絡なさすぎだろソレ!!

結論
にいにいが部屋に助けに来てくれたところが泣けた。
(少女漫画脳)

この間、ひさしぶりに会った人に
「夏頃、名駅でグ●イを見たよ。」と言われたことを
さっき思い出した。
(てか伏字か!あれだけ毎日語ってたのに伏字か!)
まだ、好き?ってなんなんすかソレ。
なんで半笑いなんすかソレ。
「よ、4人いた?」って、私もなんすかソレ。
でも、ジロウがどうだったかは知りたいな~(´ω`)ポワーン
同時期にヲタだった人たちはどうしてるのかな?と
ふと考えてみたりする。

私は今玉木宏が好きですが、
玉木宏の犬だとか玉木宏の趣味だとか
そういうことはどうでもいいです。
本当にどうでもいい近況報告でした。 

| | Comments (0)

October 27, 2007

SHIKAの前で激怒

しゅーがくトラベル疲れが抜けず、
昨夜は10時には就寝。
7時頃、家族の動く気配で目覚めたものの、
体のだるさから再び床へ。
次の瞬間、目を覚ますと携帯の時計はなんと
14:30を示していた。

なぜ……(゚Д゚;)
今日は忘れ物を回収しがてら、
(研修で遠くの体育館に出かけ、靴を忘れてきた。
 その日は堂々と体育館シューズで帰宅。)
海の幸ランチを食べに行く予定だったのに……

ちなみに、今度は寝すぎでその後の体調も悪く
持ち帰ってきた仕事も手付かずであった゚・゚(ノд`)゚・゚
明 日 も 仕 事  !!

*******

というわけで、今週はしゅーがくトラベルに
全てをもっていかれました。
最近のしゅーりょはすごいよ!
グループ一台タクシー貸切行動ですから(´Д`;)
運転手さんがガイドも子守りも全部やってくれると!
なんてラクチンなんだ!
至れり尽くせりで古都を満喫してきたお子様方は
さぞ満足そうに、旅先での思い出を語ってくれました。

「ところで、センセーは、班別の間何してたん?」
「えっ!!キ、キンカクとかでみんなの写真撮ってたよ(゚Д゚;)」
「そうなんだ~!オレらとってもらってないなあ(´・ω・`)」
「ナラでいくらでも撮ってあげるよ~。あはは~。」

キンカクとか=子どものコースにない小物屋、和菓子屋等

だって、いなかったもん!みんな、いないんだもん!(`Д´)


ところで今回、改めて明らかになったのが
「自分のゆるさ」である。
今回、何度も口が酸っぱくなるほど指導をしたのが
「絶対にグループで動け」
ということである。
そして、それに関する私のゆるさがえらいことになった。

2日目は、ナラにて班別研修だった。
大抵のグループのコースの締めは、鹿もたくさんいるあの山。
山の斜面でうはうはと鬼ごっこをする男どもと、
のんびり座って語り合う女子たち。
(ちなみに、グループは男女混合。)
集合時刻まで、40分を切った頃、遊び疲れた男衆が戻ってきた。

「上の景色って、めちゃくちゃキレイだよな~。」
「ほんとだよな~。」

先ほどまで鬼ごっこをしてきた中腹からの景色の美しさを
語り合う男の子たち。

「でも、頂上はもっとすごいよ。」

えっ!
全員の視線はそいつに集中。
先ほどまで遊んでいた辺りよりさらに上があることを
初めて知ったらしい。

「うそー!」「行きたい!」
「有り得ん!絶対行く!!」

頂上があると聞けば、絶対に制覇したいのが男の子。
麓にいる私と
「絶対に時間までに戻ってくる。」という約束をして
登って行った。
しばらくすると、鹿と戯れていた女子が戻ってきた。
「時間までに戻ってくると思うから、ここで待ってな。」

しかし、集合時刻10分前、
予想はしていたものの、男は誰一人帰っちゃ来なかった゚・゚(ノд`)゚・゚

そして、集合場所の方から主任の怒号が響く。
「早く戻ってこーい!!」
小心者の我が子たち。
その声に、ダッシュで荷物を纏め走り出す。
まるで、「アルプスの少女ハイジ」で羊飼いに呼ばれる羊!

待っている女子も、焦り、キれ始めている。
もう行き!!男子は、私が連れてくから!!

しかし、その判断が間違っていた○| ̄|_

5分後くらいに、少しずつ降りて来た男 ども。
顔面蒼白である。
そのままダッシュで戻らせる。
あと、4人戻ってこんがなー!何しとんのじゃ!
主任の携帯に電話をかけてみる。

「もういいから、先生も早く戻って来て!!!!!!!!」

めっちゃきれてるー゚・゚(ノд`)゚・゚

その5分後ぐらいに最後の4人が下山し、
集合場所に走らせると
案の定鬼の形相をした主任が立ちはだかっていた。
しかも、グループの女子も待たされてる(゚Д゚;)

「誰の許可を得て、グループの奴を置いて山に登ってる!!」
「(チラっとこちらを見て)先生が…。」
「おれは許してない!!おれの許可なく行動をするな!!」

そ、そんな……(;´Д`)

その瞬間、子どもたちの上下関係の中で
主任の下ぐらいにいた私の位置が、
自分たちと同じレベルまで下がってきたに違いない。

泣きべそをかきながら謝る男どもに
助け舟を出すこともできず、
固まったままの私であった。
ごめん!!本当にごめん!!!
でも、おまえらが時間どおり帰って来てたら
こんなことにならなかったじゃないか!!(`Д´)

昼食の席で、
「同じ山にいるから、まっいいかな~と思って。」
と、ぼそぼそと言い訳をしたところ
主任にこってりとしぼられたワタクシ…○| ̄|_
そうか、班行動というのは
本当に常に一緒にいなきゃダメであると。

その後、山の話題が出る度に本当に気まずい今日この頃である。
それなのに、
「センセー、頂上から見る景色は本当にキレイだったよ。(´ω`) 」
「また見たいなあ。えへへ(´ー`) 」
と当の本人たちは呑気に教えてくれるところが、
センセイにはよくわからないよ!君たち!

| | Comments (0)

October 21, 2007

オールドでサプライズもしないぜ

しばらく更新をしないうちに
「氷川きよしを愛でる会」
で検索されていたうちのブログです。
愛でてねえ。

先週はさり気なく体調を崩してしまいました。
38℃の熱を無理矢理解熱させて出勤したので、
朝からすごいテンション。
サマーバケーションのホームワークを
まだやってこない輩を
烈火のごとくしばいてしまいました。
通りかかった主任がそれを聞きつけ
「やばい!今日のあの人はやばい!
 怒らせたらやばい!(゚Д゚;)」
と職員室中ガクブルしていたとか。
……いや、だってねえ。
もう一ヵ月半でございますよ。あなた。
号泣させ、その後2時間で何とか提出させましたとさ。
つか、それぐらいでできるなら、もっと早くやれよ(;´Д`)

来週は修学トラベルです。
KINKAKUとか行っちゃうぜ。
DAIBUTUの鼻の穴も通っちゃうぜ。
あいつらはたぶん3人ぐらいSIKAに食べられるぜ。

一応センセー側としても
「旅行中にブチ切れて、テンションを下げさせたくないわな。」
という気持ちがあるわけです。
本番では楽しく過ごさせたい。こっちも笑ってたい。
となると、どうするか。
出発前にガッコでぎゅんぎゅんに締めるわけです。

ゴルァー
ゴルァー、てめえの頭の中、どうなっとんじゃー
てめえの親はなんも躾てねえのかー
ゴルァー、覚悟しとけよゴルァー

大きい子を担任していると、人格が変わってきそうです○| ̄|_

あっ。
グの新曲?を聴きましたよ。
うんたら1969ってやつ。

うーん。うーん。

なんか古い?

ソファが最後の神曲なんていやじゃよ(´・ω・`)

| | Comments (0)

October 18, 2007

弟に教えてもらった!

ハッピーバースデイ、ジロウ!!

(何を今更。)
(しらじらしいにも程がある。)

さ、さ、さ、さんじゅうごさい????

なんてこったい!
32歳ぐらいで記憶が止まっていました。
中華料理屋で27歳の誕生日を
(知り合いでもないのに勝手に)
祝ったことが、昨日のことのように
今はっきりと思い出されるのにの。

ひさびさに見たジロウは
(今のアー写か?ヒサシがメグミみたいな髪型してるやつ)
髪の毛がのっぺりしていました。
三十路を越えたあたりの
覇気のなさが好きだったんだけど
本当に落ち着いてきてしまったぽそ(´・ω・`)
いつまでもギラギラしているのも困りますが。
わたしの机上には
今もHITの頃のカワイイジロウさんが飾ってありますよ。
(仕舞い忘れて埃を被っているとも言えなくはないが。)

とりあえずオフィを見た限りでは、
言ってることとかがよくわかんなかったので
今でもピースって言ってるのかとか
相変わらず頭が悪いのかとか
ちょっと知りたくなりました。
もう、テレビに出たりとかもしないのかなー。
しょんぼり。

ぬああー。
グについてひさびさに調べてみたけど
今日もやることたくさーん。
風邪っぴきで熱っ子で、でもでも
俺が行かねばうちのしゅーがくりょこーはどうなる!
な勢いで、気力でのみ生活しております。
「おっきくなったから心配してくれないぜ…(´・ω・`)」
と思ってたら
「センセー、昨日も鼻声だったじゃん!」
「最近、給食もあんまり食べないじゃん!」
と実は、気にしてくれていた子どもたち。
ウワーン゚・゚(ノд`)゚・゚
そうだよね。おっきくなったんだよね。
口に出さずに気を遣ってくれるようになったんだね。
最愛の教え子の成長を改めて実感して、
またひとつ嬉しくなる今日この頃です。

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »