« あれほどバカにされたのに | Main | 都会の哀しみ »

September 19, 2010

夜中のコンビニには女性セ●ンしかないわけでもない

せんしゅうのぜーろーからすごく楽しみにしてたのに、
週刊誌に載ってたいちとてんていが大変なことになっていた゚・゚(ノд`)゚・゚
えと、すぬーぴーに出てくる犬の飼い主ですか?

ちょ…本当にもう…(;´Д`)
私の人生の最大の楽しみは
黒髪ぼさぼさストレートいちとてんていだったのに。
身なりに関心がなさそうだから天パって、
天パな私たちにもさらっと失礼だろ。
「役作りはバッチリだよ(`・ω・´) 」的なことを言っていたけれど、
何度原作を読んでもいちとは80年代のアイドルではない件。

先週は化粧を落とさずに寝た日が3日あった私に、
そんなこと言われる筋合いもないと思いますが。

だって、うんどーかいシーズンはストレスが溜まる!
なぜなら、学年・全校単位での行動が多くなるから。
自分のクラスだけ育ててる方がずっと気楽。

気付けば中堅世代なので、半分は自分より年下なわけで。
そうなると目に付くところも多いわけで。
それが自分のもってた学年ともなると、ついつい…(´Д`;)
口と手を出した後にいつも後悔するという。
主任級ならちゃんと踏み込まないんだろうな、と思う。
その辺、私がまだまだ未熟なんでしょうけど。

私だって、先輩と自分を比べられて
落ち込んだことなんていっぱいあるよ。
でも、そんなのは仕方が無いと思ってたし、
信頼も知識も技能もない分時間を費やすしかないって
超がむしゃらにやってたし!てか、今もそう!

だからこそ、なつかないもんだいじどうを放置している後輩に
「一発殴らせろ」的感情が湧きあがって仕方ない。
口も手も出しちゃいけないのは分かってるけど!
自分の言うことはきかないくせに私の話は聞くから、
どうでもよくなったのか?
オマイが頑張らないでどうすんだよソイツ(`Д´)
その癖に若者同士で学級通信の発行部数を競ったりしてて、
真剣にラインカーで引いてやりたくなるぜ。

それはオマエのクラスだろ!!!
新卒も中堅もベテランも子どもには関係ない!!!

と、叫びながら入場門のポールで後輩どもをなぎ倒してやりたい。
でもできないからストレスが溜まって、化粧も落とせなくなると。
こんなことで悩むようになるとはねえ。
まさにアラサーよねえ。

そんなことを言いつつうちのくらすは
「森に嵐がやってきました。」という文が読み聞かせの途中で出てくると
「あ●しーあ●しーふぉーどりーむ」と子どもが踊りだす
稀に見るばかくらすになってしまいましたが…。
そして「そのあ●しじゃない!(でも、そのあ●しがきたら…(´∀`)ポワーン)」
と、緊迫した場面なのにやたらニヤニヤしながら本を読む担任。
そのあ●しが来たら、絶対に避難なんかしないよな。
むしろ、ごちそうと虫かごを持参して、一人でも多く捕獲するだろ。
ちょ、一晩中あ●しが続くって。
それは、一晩中し●う君がずっといるってこと?
目が覚めたら朝とか有り得ない!絶対寝れないし!

と妄想しながら読むので、
その後の話は感情移入も糞もなく終わった。
休日の夜に何を書いているのだ私は。

|

« あれほどバカにされたのに | Main | 都会の哀しみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あれほどバカにされたのに | Main | 都会の哀しみ »