« 夜中のコンビニには女性セ●ンしかないわけでもない | Main | へるにゃー! »

September 28, 2010

都会の哀しみ

またしても蔦のレジで
「ぷっ、こいつもジャニヲタか。」と
辱めを受けねばいけないのか(´・ω・`)
(考えすぎ)

じゃにーずってこんなにCDばっかり出してるんだな!
注目したこともないので知らなかった。
気付けば毎月「あ●しの予約を…」って言ってるんだけど、
どんだけ羞恥。

だが「毎回予約して帰るのも恥ずかしいぜ」と格好つけたがために
「ゆきさんへ」の初回を蔦で買えなかった過去があるからな。
(過去っていうか先週の話。)
「あんな土足で畳にあがってるようなPVはこっちから願い下げだ!」
「むしろ、あのPVにはし●う君が出演していないはず!」
と半切れで蔦を後にしたわけですが。
はっ( ゜Д゜;)
「あいつ、先週あ●しが予約できなくてしょぼくれて帰ったくせに
 また新しいの予約しに来やがった。ぷっ。」
って余計と辱めじゃないかー!!なんだよー!

と、ぐだぐだな話をしつつもけつが痛い。(本題)

きしめん国首都のど真ん中でしれーっと転びましてね、ええ。
もうそれは見事にマンガのように!
尻を強打して数分間起き上がれず、
「い、い…いたひ…。」と涙ぐんでいたのですが、

しれーっと誰も声をかけてくれなかった現実。

都会って哀しい゚・゚(ノд`)゚・゚
私が北川けーこタンだったらみんなが助け起こしにくるぜ!とか
実際今助けてくれる男子がいたら絶対惚れるやろ!とか
とにかく色々妄想しても誰も寄ってこなかったという。
こないだ隣町の駅の階段を滑り落ちたときは、
周りの人たちすごい優しかったよー゚・゚(ノд`)゚・゚
頻繁に転ぶ私の運動神経は置いといて

都会の人間なんて●ねばいいのに!
(飛躍しすぎ)

でも、本当にこうしている今も尻が割れそうです。
ゼロにも集中できないほどに…!(深刻)
転んでいる人を無視するような教育をしてはいかん。
優しい子どもを育てようと心に誓ったよ。
そして、誰かが転んでたら絶対に「大丈夫ですか?」って言おう。
都会の人間は言わなくても、絶対に言おう。
(都会の人に偏見をもちすぎですよ☆)

「困っている人には誰にでも親切に」
その教えの大切さを痛感した1日なのでありました。
尻と心が痛いこんな日は、
し●う君の顔面の美しさの余韻に浸って寝るしかないぜ。

|

« 夜中のコンビニには女性セ●ンしかないわけでもない | Main | へるにゃー! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜中のコンビニには女性セ●ンしかないわけでもない | Main | へるにゃー! »